SSブログ

水無し洗車対決 決戦!プレクサスvsFW-1 [オートバイ・アウトドア・日々の出来事]

アパマンライダーの悲しさでバイクやらクルマの洗車を自宅では出来ない悲しい境遇の私である。とは言え、クルマはスタンドで何とかなるしコーティングもしちゃってるので、スタンドでもしばらくは”水洗いのみでOKである。
我ながら”スルドイ作戦”であると自負している。
だが、問題は"バイク”なのである!
クルマに比べて細かいところが多いし、どーいう訳か、クルマの汚れはそんなに気にならんのだが、バイクの汚れは何かと気になる。変態ではないが(?)”バイクの汚れは心の乱れ”である。
そうなると、やたらに洗車したくはなるのだが、自宅環境がそれを許さんのである。
共同で使える水道が我が駐車場には存在しないのである。
そこで、以前は”某量販店”の洗車コーナーに足繁く通って洗車をしていたのだが、正直そうそう頻繁に通うのもメンドイ。
そこで、私の”氷の頭脳”と"独自の情報網”を駆使した結果、なんと世の中には”水無しで洗車&簡易コーティング”まで出来てしまう鋭い薬剤があることを知った。
早速、入手したのがかの有名なプレクサス”である。

プレクサス.jpg


なんでも、元々は米軍の戦闘機のキャノピーを瞬時に洗浄し、次の出撃に備える為に開発されたというなんとも”男心”くすぐる生い立ちである。(実際、知り合いの元空自の戦闘機の整備を担当していたと言う知り合いも”使っていた”証言しているのである。)
それが、もう数年前の話である。以来、洗車はほぼこれ一本。さらに、ヘルメットやらメガネ、サングラスにも使えて重宝していたのである。
なんせ、ほぼ何にでも使えて(詳しくはプレクサスのHPを参照願いたい。)実に便利。
だが、この一見、万能に見えるプレクサスだが大きな欠点?が私的には2つ。
一つは、性能が良過ぎるのか、大体の開発コンセプトからなんだろうが、”何でもツルツルのピカピカ”になってしまうのである。
これはこれで、非常に有難い性能であるのだが、間違って、シートにでも塗布してしまうとエライ事にになる。確かに汚れは取れるのだが、その後が…。
もう、滑って滑って仕方ない。とてもじゃないが、まともな神経の人間には乗れないバイクと化してしまうのである。
もう一つの欠点はその”臭い”である。私は全然気にならんのだが、これを室内で使おうもんなら、家人からは白い目で見られ、ペットのハムスターはケージの中の自分の小屋に逃げ込む。(家人の話以外嘘です。)なんでも、米国では特定の成分が含まれる化学製品にはあえて臭いを付けなければならない法律か決まりか知らんがそう言うシステムらしい。
とは言え、とにかく便利なので、バイク・ヘルメット・クルマの車体や室内と使えそうな所には多用していたのであった。
が、ここに来て、”強力なライバルが登場した。
その名は”FW-1”

p1.jpg


正直言って、こんなもん、全然知らんかったのであるが、たまたま別件で訪れていた某大手バイク用品量販店の店頭で若いにーちゃんが即売会?をやっていたのである。
猛暑の中、立ち寄る人もなく所在無げに立っていたにーちゃんに”仏の心”を持つ私は思わず声をかけていたのである。
”にーちゃん、見たところ”洗車用品”みたいやけど”プレクサス”とはどー違うんじゃ?”
すると、突然の獲物の襲来に”この機を逃してなるものか!”とにーちゃんの必死のセールストークが炸裂する。
曰く、”1本で洗車から1ヵ月くらい大丈夫なコーティングが出来ます!”
"プレクサスと同じじゃん”
”いや!臭いがしません!”
さすがにライバル品の研究にはぬかりは無いようである。敵の"最大の弱点”を見事に突いてきた。
”ほー!じゃあクルマの室内とかにもいいのう”
”です・です!”
”あとは?”
”こっちの方が安いです!”
”ん?”
聞けば1本がFW-1が496g入りで2400円。対してプレクサスは1本(一番デカイ缶で)368gでまともに買えば(笑→某所では2980円で入手可能)4200円。
この差はデカイ。(まあ、使い方によって使用量が違うだろうから一概に内容量だけで比較は出来ないが…。)
”ほー!そりゃいいな。他には?”
”バイクのシートのも使えます!”
”ん?”
これは私にとって重要なポイントである。
"滑らんの?”
”プレクサスと違って滑らないんです!”
この時点で私の”フェイズドアレイレーダー並”のセンサーが反応した。
実は愛機09のシートが汚れてしまって、水洗いしようが中性洗剤で洗おうが、あんまりキレイにならなかったのである。
”買ってもいいかな?”背後の嫁の冷たい視線を感じつつ、私は迷い始めていた。
その後もにーちゃんは”チェーン清掃にも使えます!”→そんもんで汚れを落とさなきゃならんほどチェーンメンテをサボる私ではない。”チェーンの汚れは心の乱れとパワーダウン”のもとである。
実際、ちゃんとメンテしたチェーンと放置してデロデロになったチェーンではフリクションロスの差で2~3PSぐらいすぐ差が出てしまう。たっかいアフターパーツで5PSやら10PSを追求するならチェーンメンテが先である。
しかし、にーちゃんはせっかく”ロックオン”した獲物を逃がそうとはしない。
たまたま、その日は4輪で店に行っていたのだが、”お客さん、バイク乗りますか?”などともう訳が判らん質問を始める始末。(普通、バイクに乗らない人間がこのくそ暑い中、バイク用品店に来る訳無いと思うのだが、もうにーちゃんはそんなこと関係ないのである。)
ここで、嫁が会話に参戦。
”ホントに臭くないんですか?”
これではにーちゃんに対する援護射撃である。
”臭くないです!クルマですよね?ちょっと室内側のガラスを拭かせて下さい!”
断る理由も無いので、やってもらうと確かに臭いはしないってかプレクサスに比べれば無いに等しい。
おまけに夫婦で喫煙者の我が家のクルマのウインドウにはヤニがべったり。これがキレイに取れていた。
結局、これが決めてとなって?お試しで1本買ってみたのだが…。

で、ここからが本題。
今さっき、涼しいうちにと09を軽く掃除してみた。もちろん”プレクサスvsFW-1”対決である。

プレクサスvsFW-1 001.JPG


外見の比較はこんな感じ。
で、とりあえず09にヌリヌリ…。

プレクサスvsFW-1 004.JPG


懸案事項だったシートだが…。
見事に汚れが落ちた!でも、”滑るんじゃねえの?”と思い、触ってみると…。
しっとりしていておよそ”滑る”という事は無さそうだ。
んじゃあ…ってことで次は車体。

プレクサスvsFW-1 002.JPG


なるほど、けっこうピカピカになった。プレクサスと比較すると少し、ワックス的要素が強いようで”粘っこい”感じがしたが、ひょっとするとその影響でプレクサスより長持ちするかもしれない。
注意点はその”粘度”ゆえにふき取りをプレクサスよりしっかりやらないと跡が残るようだ。
でもまあ、シートがキレイになったし、コーティング?の層も厚そうなんでこれはこれでありかも知れない。
だが、FW-1にもプレクサスに比べての弱点が…。
1つは”熱”に弱いのだそう。
プレクサスは耐熱1400℃まで大丈夫なので、エンジンやらエキパイにも使えるがFW-1は駄目なのである。
もう1個は、プレクサスは車体と言うか”対象物”が濡れていても使用可能だが、FW-1はだめ。
ここが、バイクやらクルマに使うにはちょっとした弱点かもしれない。
塗布した後もプレクサスはホントにツルツルになるのだが、(フロントフォークのインナーチューブとかにも使えそうなくらい)やっぱりFW-1は少ししっとりしている。
これは場所によってどっちがいいか?って点もあるので、どっちが優秀とは言い難いかと…。
個人的には”お手軽”なのは”プレクサス”。価格とプレクサスがダメ(逆にFW-1がダメな所もあるけど)な所に使える点と、多くの人が気にする(らしい?)”臭い”についてはFW-1も中々のもんである。

って事で、私的な結論!
これは好みもあるだろうし、1個人の意見として聞いてもらいたいのだが…。
”両方あり!”って事にしたい。
要するに使い分けである。お互いの”欠点”を補完し合えば、バイクやクルマの洗車はうんと楽に(水無し洗車の場合)なるんじゃないだろうか?
ってことで、私はしばらく”両刀遣い”で行こうと思っている。提灯記事のようだが、これが私の今の感想である。

でも、たまにはちゃんと”洗車”(水を使った)もやらないと良くないんだよね…。

にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ
にほんブログ村
nice!(9)  コメント(2) 

nice! 9

コメント 2

1km-diver

私はバイクの汚れも車の汚れもあまり気にしない方で・・・
でも妻の車は、私が手洗い洗車です。
by 1km-diver (2018-08-18 18:09) 

ガン

1km-diverさん、コメント有難う御座います。
最近、結構、車体の汚れが気になって…。
きっと乗る時間があまり取れないんで、弄ってるだけで満足しようとしているのかも知れませんね。
気になり出すとあちこち気になるもんで…。(笑)
でも、奥様のクルマは洗うんですね。(笑)

それと、"後遺症”お大事にされて下さい。痛みがあるとツライですよね。自分も膝は完全には治らないようで、ちょっと”気合”を入れてライディングすると結構痛みます。まあ、お互い”そういうお年頃”なのかも知れませんね。こればっかりは仕方ないかも?
by ガン (2018-08-20 07:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。